vio脱毛が札幌市で安いクリニックとサロン2017

vio脱毛とは、最近ではハイジニーナ脱毛とも呼ばれることもあり、いわゆるデリケートゾーンを中心とした脱毛です。

vio脱毛のVはビキニラインとも呼ばれ、広範囲のアンダーヘア部分です。Iは性器周り、陰部の両サイドなどの粘膜に近い部分の為、自己処理がしにくい所です。Oは肛門周りですので、自分では見ることもできません。デリケーゾーンと呼ばれるくらい、自己処理をするのは危険な場所です。自己処理は、傷つけてしまうだけでなく、色素沈着をおこし、肌が黒ずんでしまったり等のデメリットが起こりやすい場所です。また、痛みに対して大変敏感な個所なので、プロによる脱毛が適していると言えます。

その中でも光脱毛は大変有効です。光脱毛はフラッシュと呼ばれる光で毛根の発毛組織を熱処理する脱毛方法のため、自己処理のように肌を傷つける心配はありません。
そして、vio脱毛に光が最適な理由はその痛みの感じ方が少ないと言った点です。良く比較されるレーザー脱毛にくらべ、その痛みは格段に少なく、施術中に眠ってしまう方もいる位です。ですが、痛みに関して敏感だと思われる方は、しっかりと事前カウンセリングを受け、どの程度の痛みかテストをしてもらってから施術を行うようにしましょう。

札幌でvio脱毛の医療レーザー施術について

ハイジニーナ脱毛とも呼ばれているvio脱毛は、近年ではとても人気のある部位で多くのサロンでも施術ができます。しかしレーザー脱毛の方がサロンの光脱毛よりも効果が強く短期間で毛が無くなるというメリットがあります。vio脱毛はデリケートな場所のむだ毛を脱毛して行きますが、iラインの粘膜部まで施術できるメリットもあります。

vio脱毛の時に使用するレーザーは、黒い組織にだけ反応をし、安全で安心して受けられる方法で肌に負担をかける事なく、仕上がりはつるつるの肌になり気持ちよく過ごせる事ができます。vio脱毛は他の脱毛を行う箇所に比べると、デリケートな場所でむだ毛が太く濃いのが特徴的ですが、レーザー脱毛はアンダーヘアーの濃く太いむだ毛に反応して、太く濃くて気になる部分のむだ毛を徐々に柔らかく生えなくなるようにする事ができます。

自己処理のvio脱毛は難しく、自分では奇麗に脱毛が上手く行かなかったり肌にダメージを与えてしまったりと、トラブルも多く、生えてくるむだ毛がちくちくしたり不快感が出てしまいます。レーザー脱毛は不快感なども生えてきたアンダーヘアーにはなく、永久脱毛効果があるため奇麗でいつも清潔にいられます。

vio脱毛が完了するまでの期間

vio脱毛で効果が表れる期間というのは、回数で言えばだいたい6回から9回で、年数で言えば2年と一般的には言われています。これを短いと感じるか長いと感じるかは人それぞれですが、なかなか自分で処理することが難しい部分であるということを考えると必要とされる施術の回数や年数に納得することができると言えます。細かい部分もこの部位には多いということを考えると妥当です。自分が思い描いていた通りのツルツルした肌に仕上げたいと思う場合は、vio脱毛を行う期間というのは初めから2年と考えておくとエステサロンやクリニックに行って申込みをする時もスムーズに進むことができます。vio脱毛が完了するまでの期間を、エステサロンやクリニックでカウンセリングを受ける時に初めて知るのではなく、事前に自分で基礎知識として知っておくことでスタッフともvio脱毛についての詳しい話もすることができるので時間に余裕がある場合は調べておくといいかもしれません。また、VIO脱毛を完了するまでの期間というのはこれまでのデータから割り出されているものなので個人差はもちろんあります。自分自身の毛周期についてしっかりと知ることも大切なことであると言えます。

札幌でvio脱。脱毛の原理について

レーザー脱毛によるvio脱毛の原理というのは、メラニンをレーザーが捉えることによって細胞を破壊することでムダ毛が抜け落ちます。レーザーというのは黒いものに反応します。この原理に基づいて開発されたのは、vio脱毛に用いられているレーザー脱毛です。レーザーはメラニンを多く含むムダ毛に反応します。レーザーがメラニンを捉えると出力を発揮するため、細胞を破壊します。メラニンを多く含むムダ毛にのみに反応することから火傷をすることがなく、安全性が高いとされています。vio脱毛では、レーザーの安全性を確保するために、上記のメカニズムに基づいて様々な対策を行う必要があります。レーザーを毛根のメラニンのみに反応させるためには、日焼けはご法度です。日焼けをすると皮膚のメラニンが増えてしまうことから、火傷をしやすい状況を形成してしまうのです。よって、夏場のレーザー脱毛には十分注意を払う必要があります。さらに、最近では日焼け止めに金属が含まれていることがあります。レーザーは金属にも反応しやすいので、レーザー脱毛をする際には日焼け止めを塗ることが禁止されています。また、肌が敏感になるのでレーザー照射前には飲酒はご法度です。

札幌でサロンのvio脱毛は光脱毛

vio脱毛とは、アンダーヘアを整えることを意味します。ビキニラインのV、VとOの間の陰部周辺のI、お尻の穴周りのOのラインのムダ毛を処理することによって、下着や水着からムダ毛がはみ出ることを心配する必要がなくなり、生理時の不快感も緩和できて、清潔さを保つことができます。皮膚がデリケートな部位で、衛生面にも十分に気をつける必要があるので、VIO脱毛は、自己処理よりも、札幌士の脱毛サロンで行うほうが安心です。数ある脱毛方法の中で、vio脱毛に最も適した施術方法といえば、光脱毛です。メラニン色素に反応するエネルギーを持った光を毛根に照射し、発毛組織を破壊して制毛を促す方法です。光は、黒い毛のメラニン色素にのみ反応するので、明るい色の肌には負担が少なく、痛みもほとんどありません。さらに、施術時間が短いというメリットもあります。毛周期に合わせて、毛の成長期にケアを施すと、しだいに毛が薄くなり、やがて発毛しなくなります。個人差はありますが、2~3カ月おきのケアを6~8回繰り返すとvio脱毛が完了します。ただし、光脱毛では、粘膜の上に生えたムダ毛の処理をすることはできません。光を粘膜に照射すると、やけどや炎症などのトラブルが発生するリスクがあるからです。

当サイトのお薦め記事